中学生なら知っておきたい受験対策|家庭教師を利用して成績UP

事前に把握し計画的に受験

私立大学の入試日程は同じ大学でも学部によってかなり違うことが珍しくありません。事前に把握しておくと計画的な受験が可能なので、募集要項が発表され次第、早めにチェックしておきましょう。また、推薦入試の場合、一般入試よりも入試日程が早くなります。

社会との関わり方を学ぶ

教材

エフラボは富士宮市にあり、発達障がいの子供たちの為のキッズアカデミーです。専門資格を持っている経験豊かな職員が様々なサポートをしてくれます。無理なく、社会との関わり方や個性の伸ばし方を学べます。ぜひホームページをご覧になり、エフラボに問い合わせをしてみて下さい。

勉強の目的を明確にしよう

勉強

学習内容の精査を

中学生に家庭教師をつけて勉強をさせる際に、何を目的に勉強を進めるのかを明確にしておくことは大切な事となります。中学生ともなると、自分がどういった方向に進みたいのかという将来の目的も出てくる時期です。今の学校の勉強のサポートのために家庭教師にみてもらいたいのか、もしくは高校受験や将来のための学力アップのために家庭教師を依頼するのか、しっかりと確認して行きましょう。そのうえで学習内容についてどういった部分にポイントを当てていくのかを、家庭教師と相談することが大切になります。とはいえ、やはり中学生はまだ遊びたいという気持ちが、ちょこちょこと頭をもたげてくる年齢でもあります。一方的にこれをやれというような上からの圧迫に反発する気持ちも多いにあるでしょう。そのため、中学生につく家庭教師には、学力だけでなく、コミニュケーションがきちんととれ、学習のためのサポーターであるという位置づけが求められます。親身になって相談に乗ってもらえる、またちょっとした冗談も受け入れてもらえるというような友達感覚と、学習についてはしっかりとしたものを提供できるという能力があるかどうかというバランスも大切になります。家庭教師を依頼する際には、その人物の能力、学力だけを見ていくのではなく、わかりやすく親しみのある学習時間を提供できるかどうかという事も、学習を継続できるポイントともなります。まず最初に、お試しで体験させてもらえるよう依頼することも大切です。

短大のメリットは

教師と学生

短期大学は、2年という短い期間で理論や研究、実習などを集中的に行うことができます。学費も安く済む点もメリットとなっています。2年で卒業できることから、大学への編入や留学など、進路変更しやすいところも、短期大学が選ばれる理由といえます。