中学生なら知っておきたい受験対策|家庭教師を利用して成績UP

社会との関わり方を学ぶ

教材

サポート体制が充実

発達障害の子供には、周りのサポートを受けながら自分のペースで学べる環境を用意してあげることが大事です。そのような環境の中で学び、自信をつけることによって個性を伸ばしてあげることも可能です。富士宮市にある株式会社富士山キッズアカデミーが運営するエフラボは、発達障がいの小中学生を対象に、月曜日から土曜日まで利用可能です。利用料金が心配かもしれませんが、エフラボは世帯の収入状況によって月の負担上限額が決まるので家計に無理なく通えます。エフラボに通うことで、これから社会とどのように関わっていくのか、また、家庭での関わり方も学べます。発達障がいのお子さまのいらっしゃる親の様々な不安などにも、アドバイスや相談も受けていますので、親にとっても頼れる存在のようです。エフラボでは、土曜日には外出をして、多くの社会体験もさせてくれます。様々な体験を通して子供自身が学び、自信がつきます。また、放課後デイサービスをご利用のお子さまには、宿題のサポートもしています。例えば、工作や楽器の練習、習字など、多くのサポートが受けられます。放課後は、学校まで迎えに行ってくれて、帰りの時間延長もできますので、働く親にも大きな安心が得れるようです。エフラボについて、もっと詳しく知りたい方は、エフラボのホームページをぜひご覧になってみて下さい。問い合わせをして見学予約もできます。その後は面談を行い、市役所でエフラボの利用に必要な受給者証の手続きをします。その後にエフラボと契約手続きをする流れです。ぜひ、お子さまが自分のペースで学べる環境を用意してあげて下さい。