中学生なら知っておきたい受験対策|家庭教師を利用して成績UP

短大のメリットは

教師と学生

2年間で学習し学費も安く

通称短大と呼ばれている短期大学は、短期間で大学としての教養教育、それを基礎とした専門教育を提供している学校です。4年制大学の場合、幅広い知識を4年間じっくり学べるのが特徴で、専門学校の場合は実践的で専門的な知識を得たり、実習によって即戦力となる人材が育成されるのが特徴です。短期大学は、4年制大学と専門学校の良い点を兼ね備えている、といえます。ひとつは2年間という短い期間で理論や研究、さらに実践的な勉強や実習を行えます。もうひとつは、2年間での学習なので学費も安く済み、社会にも早く出ることができ、就職への近道ともいえます。早く就職を希望している人、短い期間で資格取得したい人などに向いています。それが、短期大学が選ばれる理由、メリットといえます。また、短期大学は2年で卒業できるという点で、取得した単位を活かして大学に編入することもできます。大学に編入した人の5割の人は短期大学からの入学者といわれています。そして、卒業時に得られる短期大学士という学位は国際的にも通用するため、留学という選択肢も増えます。さらに勉強する気持ちになった場合、進路変更がしやすいといえます。2年で卒業できるということで、進路を多彩に選ぶことができるのです。短期大学は、推薦やAO入試で入学する人が多いです。自分の通う高校で指定校推薦があれば、それを使うことができる可能性があります。短期大学の受験を考えるなら、一度先生に確認してもらいましょう。