中学生なら知っておきたい受験対策|家庭教師を利用して成績UP

事前に把握し計画的に受験

女子学生

大学学部で日程が違う

大学の入試日程は、インターネットからでも確認することができます。インターネットだと、お金をかけることなく簡単に日程を確認することができます。そのため、できるだけ早く確認しておきましょう。それから、早めに私立大学の入試日程を把握しておくと、受験計画を立てやすくなるメリットがあります。私立大学は大学ごとに日程がかなりずれますし、同じ大学でも学部によって受験日には違います。そのため、一般入試の場合、12月15日頃までには募集要項がすべて出揃い、2月21日、22日までには出願手続きを済ませる段取りになります。2月上旬に受験日を迎える学校が多く、中旬には合否が発表されます。2月下旬から3月上旬にかけて入学手続きを終えます。また、推薦入試で私立大学入学を目指す場合、入試日程はもっと早くなります。そして、前年度の6月頃に募集要項が出始めますが、高校内で校内選考を実施し、推薦する学生を決めるケースも少なくありません。11月には出願し、面接試験などを含む入学試験を受けます。合格発表も11月末頃には行われ、12月には入学手続きを済ませる入試日程になります。万が一私立大学の推薦入試で落ちてしまっても、一般入試の出願には間に合いますから、焦ることはありません。どちらの入試日程も把握しておくことで、臨機応変に対応できるようになります。そうすることで、慌ててスケジュールを調べることもなくなるので、スケジュールの把握ミスも防げるでしょう。